携帯のバッテリーの持ちで不満を感じてる方にお勧めの対策方法

今の携帯は多機能になって便利ですが、その分バッテリー消費が激しくなっています。
昔は通話しかしませんでしたが、通話以外にもLINE等のSNSで四六時中触ったり、ゲームしたりアプリを立ち上げたりと作動させてる時間も増えました。
バッテリーが最近キツイって感じる方にお勧めなのがスマホの省エネ化です。

特に難しいことはありません。
どのスマホにもある機能なんですが、まず画面の明るさを抑えます。
画面のバックライトでもかなりの電力消費をしてしまうので、見れる最低限の明るさ程度まで抑えましょう。

次に自動画面回転のoffです。
スマホを横にしたら画面表示も横に切り替わる、っていう機能ですが、これもoffにしましょう。
offにしても、横画面表示がデフォのアプリはきちんと横画面で表示してくれますし不便に感じることはありません。

最適化アプリもお勧めです。
アプリを追加すると、バッテリー消費が進むんじゃって思われるかもしれませんが結果的に言うと効果の方が高いです。
ホーム画面にショートカットを入れ、スマホを使う度に最適化を行えばスマホも軽くなりますしバッテリー消費をかなり抑えられます。

アプリのインストール・アップデートは充電しながら
アプリのインストールってダウンロードでも時間がかかりますし、結構大変ですよね。
アップデートも同様です。
こういうのでお勧めなのは自宅で充電しながら行うことです。慌ててする必要がないなら自宅に居る時にまとめてしちゃいましょう。
特に自宅でwi-fiを使える方なら通信量節約にもなってお得になります。

ただ、長い時間を使い続けてるとバッテリーも劣化し、上記の方法では無理に感じる時があります。
そこでお勧めなのがバッテリーの交換です。

ただ、昔のガラケーなら電池パックの交換なんて簡単に出来たのですが、今の携帯は自分では出来ないものが多くなってます。
自分では交換出来ないしショップに持っていく時間もないって場合は、モバイルバッテリーがお勧めです。
モバイルバッテリーというと高そうってイメージがありますが、そんなことはありません。
10000mAh(3.4回のフル充電が可能)のモバイルバッテリーでも安いものなら2000円を切ります。
しかも一度購入してしまえば、別の携帯を購入しても使用出来ます。
さらに2台同時充電可能なものが多く、自分だけでなく一緒にいてる友人の分まで充電出来る優れものなんです。
大きさも携帯と同等かよりコンパクトなもの場多いですし持ち歩くにも問題ありません。

携帯バッテリーに不満をお持ちの方は上記の方法を是非試してみてください。

知っていましたか?携帯の電池にも寿命があるのです。

今や電話だけでなく、便利なアプリなどもあり、何かと重宝する携帯電話ですが、思ったより電池の減りが早くて困った経験がある方は多いでしょう。
電池の減りが早い時の対処法、または電池を長持ちさせる方法ですが、スマホではいわゆるガラケーと少し違った対策をとる事もあります。

まず、スマホの場合の予防策としては『少しでも電池が減っていたら充電しておく事』です。昔は『電池が長持ちしなくなるから、電池がかなり減ってから充電をした方が良い』と、言われていましたが、当時の携帯電話と、現在のスマホ等では使われている電池の種類が違うため、小まめに充電をしている事が原因となる電池の劣化はありません。特に外出前などは、必ず100%にしておいた方が良いでしょう。

しかし、長く使っていると『充電してもすぐに電池が減ってしまう』といったトラブルにもある事があります。これは、充電しすぎた事による劣化ではなく、単純に電池自体の寿命がきてしまう事で起こります。

充電できるとはいえ、永久的に使える電池ではないのです。公式のサポート、または携帯電話の電池交換を行っている店舗で電池交換を行えばまた元のように使えるようになりますが、ここで注意点。どちらも料金が発生する事です。公式は高く、場合によっては数週間かかることもありますが、非公式の店舗では、やや安く、30分~数時間で交換してもらえるが、何かあった時のサポートには非対応という違いがあります。どちらが良いかは、個人の判断によりますので、メリットもデメリットも熟知しておくことが大切です。

ちなみに、電池の劣化が起こっている事を速く見抜く方法のひとつとして、少しの操作でもスマホが熱くなるといった事があります。これは、電池が膨張して熱を持つために起こってしまうのですが、このような事が起こり、少しでも減りが早いと感じたら、速めの対応を行いましょう。

バッテリーの持ち以外には利用料金の不満は圧倒的に多いようで、特に子供がスマホを持つようになると金額が数倍になるし危険もますので色々と心配がるようですね。
>>ママ友から相談を受けたスマホ料金の不満
金額や安全面だけでなく色々とママたちには不満や悩みがあるようですな

コンセントにつなげっ放しは携帯電話の電池が持たない原因!?

スマートフォンの電池容量は年々上がっているのに、SNSやゲームにとひと時も手から離れないスマートフォンや携帯ヘビーユーザーの方にとっては電池の減り問題は避けて通れませんよね。
長く使っているとスマートフォンだから電池の減りが早くてと、近くにACアダプタやコンセントがある場合は、つなげっ放しにしている方も多いと思います。
でも実はそのつなげっ放しがまさかの電池パックの寿命を短くしている事、ご存知ですか?
コンセントにつなげっ放しは携帯電話の電池が持たない原因!?続きを読む

飛行機モードや携帯の画面の輝度を暗くするなどの設定をしています

 古い機種を続けて使っているとどうしても充電の減りが早く、朝の時点で充電を100%にしても、夜家に帰る頃には充電がないという事があります。特に、冬とかの寒い時期は充電の減りはとても早く、そんなに使っていないにもかかわらず充電が減ってしまっていて驚くことがあります。

 先日家に帰るために使っている電車が集中豪雨の浸水の為、長時間運転を見合わせという事で結局5時間運休しました。いつもなら代行運転してくれる、ほぼ並行して走っている私鉄も同じように運休だった為、全く帰る手段がありませんでした。このまま待ち続けても帰れる保証もなく、駅周辺は帰宅難民の方でごった返し、他の方法で帰る方法を探さなければいけませんでした。そんな時にたよりになるのは携帯だけです。
飛行機モードや携帯の画面の輝度を暗くするなどの設定をしています続きを読む

バッテリーのためには正しい使い方がやはり一番

スマートフォンのバッテリーはもちろんリチウムイオン電池を使っている以上、経年劣化はしかたありません。1年、2年と利用しているうちにバッテリーの減りが早くなるのは諦めましょう。

しかし、購入当初からしっかり正しい使い方をしていれば、普段のバッテリーの持ちはかなり改善されるはずです。まずはフル充電になったら、充電器は外しましょう。不安で繋ぎっぱなしにしがちですが過充電はバッテリー消耗のもとになります。
次に省エネモードです。どんな機種でも設定がありますがこれは活用すべきです。無駄な液晶の明るさを抑えたり、バッテリーの消耗具合を教えてくれます。
バッテリーのためには正しい使い方がやはり一番続きを読む

バッテリーが古くなってきているのかあまり持ちません

私は携帯を使うことが多くて、特にかけ放題なので、電話で長話をすることが多く、1時間〜2時間くらいは平気で話をしているのです。通話を始める前にバッテリーを充電していないと、会話の途中でパッテリー切れになって通話が中断されることがあるので、特に通話前にはバッテリーの状況を確認しています。

バッテリーが古くなってきているのか、1回通話をしたり、着信の音楽がなったりするとすごくバッテリーの減りが早いです。特に私は携帯のアラームを目覚まし時計代わりにしているので、目覚ましのアラームが長時間鳴ったりするとバッテリーの減りがとても早いです。
バッテリーが古くなってきているのかあまり持ちません続きを読む

出荷時に設定されたままのネットワークモードが電池の減りを早めているかも

携帯電話がスマホが主流となってから、常に意識する様になったのが、電池の残量ではないでしょうか。以前の一般的な携帯電話(ガラケー)時代には然程心配せずとも数日間電池が持つのが普通でしたが、スマホになってからは電池の残量を常に気にしながらの利用になったと思います。
とは言え、最近のスマホはバッテリーも大容量のものが増え、且つ各ソフトも進化していることから、数年前と比べると遥かに電池の持ちは長くはなっています。
しかし、急に「最近やけに電池の減りが早いなぁ」と思われることがあると思います。確かに朝携帯を持って出た時には100%近い電池残量だったのに、あっと言う間に半分にまで減っていて驚かれることがあるのではないでしょうか。
最近設定変更もしていなければ、ますます原因が分からず不安に思われることでしょう。電池の減りが早いのは、一体何故なのでしょうか。
出荷時に設定されたままのネットワークモードが電池の減りを早めているかも続きを読む