携帯電話の電池を長持ちさせるには使わない機能を

スマートフォンの電池は気づいたうちになくなっているなんてことはよくあることです。どうしたら電池の持ちを良くできるか。オススメしたい方法は3つあります。
最初の一つはBluetoothです。一度設定を開いてみてもらいたいです。Bluetoothの機能がオンになってたりはしませんか?Bluetoothを簡単に説明しますと、デジタル機器の近距離間データ通信に使う無線通信技術の一つです。

Bluetoothでは、対応した機器同士がワイヤレスでデータをやりとりできます。最近では、イヤホンやスピーカー、キーボードなどさまざまな製品が対応しています。もしも、以上のようなことを普段使用しないと言うならばすぐにオフにしましょう。Bluetoothはオンにしておくのとオフにしておくのではかなりの電池の持ちが違います。次に2つめです。

2つめは充電の仕方にあります。あなたは充電がまだ半分位なのにまた満タンに充電をしていませんか?実はそれが、スマホのバッテリーにはかなりのダメージを与えているのです。ですので、オススメの充電の方法をおしえます。スマホの充電をするときはもうすぐスマホの全バッテリーがなくなりそうな時に充電をします。その時に必ず途中までしか充電をするのではなく100%まで充電をしてください。これだけでスマホのバッテリーにはいつもの1.3〜1.5倍位多く使えます。

最後に三つめです。あなたのスマホの画面はどれほど明るいですか?実は明るければ明るいほどバッテリーの消耗が激しいのです。逆に言ってみれば暗ければ暗いほどバッテリーの消耗を抑えられます。見にくくない程度に画面の明るさを調整してみてください。今回紹介した3つを全てやることで今までのバッテリーの消耗をかなり抑えられると思います。お試しください。