飛行機モードや携帯の画面の輝度を暗くするなどの設定をしています

 古い機種を続けて使っているとどうしても充電の減りが早く、朝の時点で充電を100%にしても、夜家に帰る頃には充電がないという事があります。特に、冬とかの寒い時期は充電の減りはとても早く、そんなに使っていないにもかかわらず充電が減ってしまっていて驚くことがあります。

 先日家に帰るために使っている電車が集中豪雨の浸水の為、長時間運転を見合わせという事で結局5時間運休しました。いつもなら代行運転してくれる、ほぼ並行して走っている私鉄も同じように運休だった為、全く帰る手段がありませんでした。このまま待ち続けても帰れる保証もなく、駅周辺は帰宅難民の方でごった返し、他の方法で帰る方法を探さなければいけませんでした。そんな時にたよりになるのは携帯だけです。

こんなことになるとは思わずいつも通り使用した携帯はほとんど充電がありませんでした。結局少ない充電で何とか連絡がつき帰宅できましたが、今回のような緊急事態には携帯電話会社に行っても充電したい人でごった返しているだろうし、今後緊急時連絡できないのはとても不安で怖いのでモバイルバッテリーを一つ購入し、困った時はいつでも使えるようにとカバンに入れてあります。

 普段は電車の中で音楽を聴いたり、動画を見たりすることが多いため、携帯を使っていない仕事中は飛行機モードにしています。飛行機モードのスマホの通信機能をオフにするという機能を利用して、電池の節約をしています。また、携帯の画面の輝度を暗くしたり、使わない機能をオフにしたり細かい設定もしています。