コンセントにつなげっ放しは携帯電話の電池が持たない原因!?

スマートフォンの電池容量は年々上がっているのに、SNSやゲームにとひと時も手から離れないスマートフォンや携帯ヘビーユーザーの方にとっては電池の減り問題は避けて通れませんよね。
長く使っているとスマートフォンだから電池の減りが早くてと、近くにACアダプタやコンセントがある場合は、つなげっ放しにしている方も多いと思います。
でも実はそのつなげっ放しがまさかの電池パックの寿命を短くしている事、ご存知ですか?
コンセントにつなげっ放しは携帯電話の電池が持たない原因!?続きを読む

飛行機モードや携帯の画面の輝度を暗くするなどの設定をしています

 古い機種を続けて使っているとどうしても充電の減りが早く、朝の時点で充電を100%にしても、夜家に帰る頃には充電がないという事があります。特に、冬とかの寒い時期は充電の減りはとても早く、そんなに使っていないにもかかわらず充電が減ってしまっていて驚くことがあります。

 先日家に帰るために使っている電車が集中豪雨の浸水の為、長時間運転を見合わせという事で結局5時間運休しました。いつもなら代行運転してくれる、ほぼ並行して走っている私鉄も同じように運休だった為、全く帰る手段がありませんでした。このまま待ち続けても帰れる保証もなく、駅周辺は帰宅難民の方でごった返し、他の方法で帰る方法を探さなければいけませんでした。そんな時にたよりになるのは携帯だけです。
飛行機モードや携帯の画面の輝度を暗くするなどの設定をしています続きを読む

バッテリーのためには正しい使い方がやはり一番

スマートフォンのバッテリーはもちろんリチウムイオン電池を使っている以上、経年劣化はしかたありません。1年、2年と利用しているうちにバッテリーの減りが早くなるのは諦めましょう。

しかし、購入当初からしっかり正しい使い方をしていれば、普段のバッテリーの持ちはかなり改善されるはずです。まずはフル充電になったら、充電器は外しましょう。不安で繋ぎっぱなしにしがちですが過充電はバッテリー消耗のもとになります。
次に省エネモードです。どんな機種でも設定がありますがこれは活用すべきです。無駄な液晶の明るさを抑えたり、バッテリーの消耗具合を教えてくれます。
バッテリーのためには正しい使い方がやはり一番続きを読む

バッテリーが古くなってきているのかあまり持ちません

私は携帯を使うことが多くて、特にかけ放題なので、電話で長話をすることが多く、1時間〜2時間くらいは平気で話をしているのです。通話を始める前にバッテリーを充電していないと、会話の途中でパッテリー切れになって通話が中断されることがあるので、特に通話前にはバッテリーの状況を確認しています。

バッテリーが古くなってきているのか、1回通話をしたり、着信の音楽がなったりするとすごくバッテリーの減りが早いです。特に私は携帯のアラームを目覚まし時計代わりにしているので、目覚ましのアラームが長時間鳴ったりするとバッテリーの減りがとても早いです。
バッテリーが古くなってきているのかあまり持ちません続きを読む

出荷時に設定されたままのネットワークモードが電池の減りを早めているかも

携帯電話がスマホが主流となってから、常に意識する様になったのが、電池の残量ではないでしょうか。以前の一般的な携帯電話(ガラケー)時代には然程心配せずとも数日間電池が持つのが普通でしたが、スマホになってからは電池の残量を常に気にしながらの利用になったと思います。
とは言え、最近のスマホはバッテリーも大容量のものが増え、且つ各ソフトも進化していることから、数年前と比べると遥かに電池の持ちは長くはなっています。
しかし、急に「最近やけに電池の減りが早いなぁ」と思われることがあると思います。確かに朝携帯を持って出た時には100%近い電池残量だったのに、あっと言う間に半分にまで減っていて驚かれることがあるのではないでしょうか。
最近設定変更もしていなければ、ますます原因が分からず不安に思われることでしょう。電池の減りが早いのは、一体何故なのでしょうか。
出荷時に設定されたままのネットワークモードが電池の減りを早めているかも続きを読む